『十日えびすは西宮神社へ』!福笹や福男に大まぐろのことお伝えします

お正月も あっという間に
過ぎていき 日常が戻ってきた~と
思われてる方。

「えべっさん」ですよ~!

『十日えびす』通称「えべっさん」は
主に 西日本で行われる 盛大なお祭りです。

各地のえびす神社は
多くの参拝客で 溢れかえります。

ここでは えびす神社の総本社である
『西宮神社』の十日えびすを
ご紹介します。

阪神間における最大の祭典 として
全国に知られ 100万人を超える参拝者で
大賑わいの『西宮神社』の十日えびす。

所せましと屋台も並び 盛り上がること
間違いなしです。

スポンサーリンク

『西宮神社』十日えびす情報

 《日程と行事》

期間は1月9日~11日の3日間

  (1月8日 大まぐろの奉納 9:30)
・1月9日<宵えびす> 5:00~24:00
(有馬温泉 献湯式は午後2時)

・1月10日<本えびす> 6:00~24:00
(十日えびす大祭) 4:00
(開門神事福男選び) 6:00

・1月11日<残り福> 5:00~24:00

 《アクセス》

・阪神電車、本線 「西宮」駅 南西へ徒歩5分

※3日間は 交通規制が敷かれ 神社の駐車場も
    利用できません。
    公共交通機関をご利用されるのを お勧めします。

  西宮神社
〒662-0974
兵庫県西宮市社家町1-17
TEL:0798-33-0321

スポンサーリンク

十日えびすを楽しもう!

さて 3日間の「十日えびすですが
どんなお祭りなんでしょう?

大まぐろ奉納

まず <宵えびす>前日の8日午前、
大まぐろが奉納されます。

奉納された大まぐろは「十日えびす」の3日間
「招福大まぐろ」として拝殿に飾られます。

テレビのニュースなどで ご覧になった方も
多いと思いますが

この大まぐろに お金を貼り付けて
商売繁盛などを祈ります。
その数 数万枚に上ります。

開門神事福男選び

そして『西宮神社』の十日えびすといえば
「開門神事福男選び」!

10日の朝 午前6時、
表大門が開かれ 230m先の本殿目指して
一斉に走る「走り参り」をします。

これを「開門神事」といいます。

数千人の人たちが 参加しているのですが
ニュースで アナウンサーの方が一緒に走って
たりして 本当に有名な「神事」です。

1番から3番までが その年の「福男」です。
「福男」には 認定証や副賞が授与されます。

その後「福男」の3人が鏡開きをして
参拝者に御神酒が 振舞われ、
先着5000人に「開門神事参拝之証」が
授与されます。

「十日えびす」の縁起物

「商売繁盛で笹持ってこ~い」という
掛け声を 聞いた事がある方も多いでしょう。

笑顔のかわいい福娘さんに 縁起物を
飾り付けてもらった 福笹は
「十日えびす」定番の 縁起物です。

『西宮神社』の 福笹は

大・・・3000円
小・・・1000円

で 縁起物(吉兆)がついてます。

福笹のご神徳(御利益)は
商売繁盛・家内安全・開運招福で
願いを叶え あらゆる福を招く。
この上ない 御利益です♪

他にも「熊手」や「福箕(ふくみ)」が
あります。

熊手で 福や金運をかき集めて
箕(ふくみ)は ザルの形なので
熊手でかき集めた福や金運をすくい取るという
意味があります。

全部欲しい!御利益を~!
なんて 欲張りになっちゃいそうですが
そんなに飾る場所が我が家にはない(^^;

スポンサーリンク

「十日えびす」まとめ

いかかでしたでしょうか?

阪神西宮駅から たくさん続く屋台は
境内の中も びっちり並んでいます。

行きかう人たちで 大混雑ですが
それも 大きなお祭りの醍醐味。

めいいっぱい楽しみたいものです。

福男さんに 福娘さん、
そして えびす様。
笑顔がたくさんの お祭りで
あなたも 笑顔のお裾分けをいただきましょう。

笑う門には 福きたる!

「商売繁盛で笹持ってこ~い!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント