西宮神社の十日えびす2020!開運神事福男選びに大まぐろや福笹の吉兆とご利益

神社仏閣

阪神間における最大の祭典として全国に知られ、毎年約100万人を超える参拝者で大賑わいの西宮神社の十日え

びす。

開門したら本堂まで激走する開門神事福男選びが特に有名です。

 

十日えびすは「えべっさん」といわれ、大まぐろにお賽銭を貼って願掛けしたり福娘さんから福笹を授与してい

ただいたり、屋台で舌鼓を打ったりととても楽しいお祭り(神事なんですけど)なんですよね。

 

屋台も初詣の時と同じようにすごい数ですが、えべっさんでは少し雰囲気が変わります。

 

この記事では、西宮神社の十日えびすについて、開門神事福男選びのことや大まぐろ、福笹の吉兆やご利益をお

伝えします。

スポンサーリンク

【西宮神社】十日えびす基本情報

1月8日(水)招福大まぐろ奉納式 9:30頃
献華祭 13:00
1月9日(木) 宵えびす 5:00~24:00有馬温泉献湯式 14:00
1月10日(金) 本えびす 6:00~24:00十日えびす大祭 4:00
開運神事福男選び 6:00
1月11日(土) 残り福 5:00~24:00
スポンサーリンク

西宮神社の十日えびす

3日間の十日えびすで行われるメインの行事をご紹介します。

招福大まぐろ

宵えびす前日の1月8日午前9時30分頃、招福大まぐろが拝殿に奉納されます。

商売繁盛と大量を願って鯛をかついだ「えべっさん」にあやかり、本まぐろと雌雄2尾の大鯛を神前に奉納する

んです。

なんとこのまぐろ、例年全長約3m、重量約300Kgでお刺身にすると約1600人分にだそうです。

 

このまぐろにお賽銭を貼り付け「お金が身につくように」と願掛けします。

十日えびすが終わったら、関係者の胃袋に納まるそうですよ。

開門神事福男選び

 

テレビで必ず放送される「開門神事福男選び」。

 

10日の朝午前6時、開門と同時に230m先の本殿目指して全力疾走する「走り参り」をします。

これを「開門神事」といいます。

 

1番から3番までがその年の「福男」で、認定証や副賞が授与されます。

 

その後「福男」の3人が鏡開きをして参拝者に御神酒が振舞われ、先着5000人に「開門神事参拝之証」が

授与されます。

「開門神事参拝之証」は総合案内・本殿西側授与所にて授与していただけます。

参加方法

開門神事福男選びに参加して福男を目指す場合は、前日夜に受け付け後に抽選をしないといけません。

 

1月9日午後10時から円満寺の駐車場で、抽選に参加できる先着1500名の受付が開始されます。

その後、10日の午前0時に南門前で抽選が行われ、先頭のAブロック108名、Bブロック約150名が決定します。

引用元:開運神事福男選び公式サイト

Cブロックは抽選に外れた方や一般の参加者が待機する場所で、このブロックの入場開始時間は1月10日の午前

4時からです。

参加資格

近年、開運神事福男選びに参加するには規定がかなり厳しくなっていて、特に靴や服装に厳しく、受け付けても

らえな場合もあります。

(1)走ることに適した紐付きの「スポーツシューズ」を着用していること。
認められない例:靴ひものないもの、ゲタ、サンダル、ブーツ、ハイヒール、革靴、カジュアルシューズ等

(2)安全で、神事に参加するのに相応しい服装をしていること。
認められない例:スカート、ズボンをずり下げたファッション、コスプレ、被り物等

(3)その他、小学生以下、および係員が相応しくないと判断した者は不可。

引用元:開運神事福男選び公式サイト

服装チェックがあるので、全力疾走できる服装と靴で参加してください。

これはスポーツイベントやレースではなく「神事」であるということを忘れないで下さい。そして開門時には多数の人が一斉に駆け出す、いつ大事故が起こってもおかしくない危険を伴うものであることを自覚してください。

引用元:開運神事福男選び公式サイト

毎年、門が開いた瞬間からすさまじい勢いで走り出す人たちを見て、いつ大けがしてもおかしくないなって思っ

ていました。

 

参加を考えられている方は、くれぐれもケガをしないように「神事」なのだという事を自覚の上、精いっぱい頑

張ってくださいね。

福男の副賞

見事福男になると、副賞がいただけます。

 

☆一番福

えびす様の御木像(大)、半被、えびす様お面額、えべっさんの酒菰樽、 えべっさんの米1俵(60kg)、ヱビスビールなど

☆二番福

えびす様の御木像(小)、 半被、えびす様お面額、えべっさんの米1俵(60kg)、ヱビスビールなど

☆三番福

えびす・大黒様の御金像、 半被、えびす様お面額、八喜鯛(焼き鯛)、ヱビスビールなど

 

実はこの副賞、どう見ても三番福の商品が一番豪華な気がすると言われてるんです。

メインの品の「えびす様の像」なんですが、一番福・二番福は「木彫りのえびす様」で一番福の方が少し大きい

です。

 

三番福は「えびす様と大黒様の黄金セット」なんです♪ww

パッと見ただけでも、三番福が一番いいように見えますが、三番福目指して走るというのも難しそうですよね。

スポンサーリンク

福笹の吉兆やご利益

境内では「商売繁盛で笹持ってこ~い」と明るい声が飛びかう十日えびす。

福笹は、福々しい吉兆(飾り)がついた縁起物で、西宮神社の福笹にはえびす様のお札や小判・鯛などの吉兆(飾

り)が初めからついています。

福笹と吉兆

十日えびすといえば福笹と当たり前のように思っていましたが、なぜ笹なんだろうとふと疑問に思いました。

諸説ありますが、笹は常緑で生命力に満ち溢れ、殺菌や薬用の効果があることから、古来より、神社ではお清めなど様々なことに用いられてきました。
また、えびす様が竹の釣竿も持っておられるということ、そして真っすぐに伸びる竹の姿は縁起が良く、商売人の正直な心を象徴しているともいわれることから、福の神えびす様の縁起物として用いられるようになりました。

引用元:西宮神社 十日えびす公式サイト

なるほど~といった理由でした。

 

西宮神社の福笹はプラスチック製で、吉兆がついていて大小の2種類あります。

大・・・3000円

小・・・1000円

福笹のご利益と家でのまつり方

福笹のご利益(ご神徳)は、商売繁盛・家内安全・開運招福で願いを叶えあらゆる福を招く、とのこと。

 

福笹はお札と同様に笹の正面が南か東を向くように、神棚や、なければ目線より場所に立て掛けるか、壁に貼り

付けるようにしておまつりします。

玄関におまつりしても大丈夫です。

福熊手や福箕(ふくみ)

境内にはたくさんの縁起物の店や屋台が並びます。

そこで参拝客が求められるのが「福熊手」や「福箕」。

 

「福熊手」は福や金運をかき集めて「福箕(ふくみ)」は福や金運をすくい取るという縁起物。

こちらのご利益もぜひ授かりたいものです♪

スポンサーリンク

まとめ

商売をされている方だけではなく、ご家庭にも福をもたらしてくれる十日えびす。

大混雑で大変ですが、せっかくのえべっさんですから笑顔でお参りしたいものです。

 

本気で福男さんを目指すなら、くれぐれもケガに気をつけてくださいね。

直線から本殿に向かうカーブでコケちゃう方が多いそうですよ。

 

あともう一つお伝えしたいことが・・・。

大きめの袋を持って行かれることをお勧めします

 

縁起物を手に屋台で買ったものを食べたりするのは大変ですよ。

それに、本当に大混雑なのでせっかくの縁起物の福笹から吉兆が取れて落ちたり破れたりするのを防げます。

交通規制も敷かれているので、時間帯によっては公共交通機関も混雑している可能性がありますもんね。

 

❝笑う門には福来る❞

毎日を笑顔、笑顔の「えびす顔」で過ごせるのが一番の福ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント