厄除けなら『門戸厄神』に行こう!厄除け大祭で大賑わい

最近 なんだか調子悪いなぁ・・・。
体調もすぐれないし・・・。

そういえば 厄年!だ~!!

なんて事 ありませんか?

意外と 若い方も気にされたりするとか。
イヤな事って なぜか続いたりしますもんね。
厄除けって どこがいいの?って探したり・・・。

そんな時は 関西で厄除けするならここ!といわれる
『門戸厄神』に行ってみませんか?

厄除け大祭というイベントと合わせて
ご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

そもそも「厄」って何?

そういえば よく言われたりしませんでしたか?

「あんた 来年から厄年だよ。」
「前厄だわ~。」

って言われても そもそも「厄」って何?
何歳が「厄」?

と思われてる方も多いと思います。

「厄年」って何歳?

あまり いい感じに聞こえない言葉ですが
意味を調べてみると

「厄」・・・苦しみ。災難。

とあります。

やっぱり良くない。

では 何歳が厄年なのか。

男性
前厄  本厄  後厄
24歳  25歳  26歳
41歳  42歳  43歳
60歳  61歳  62歳

女性
前厄  本厄  後厄
18歳  19歳  20歳
32歳  33歳  34歳
36歳  37歳  38歳
60歳  61歳  62歳

は大厄、は中厄

こちらが 厄年に当たる年齢です。
一般的に 数え年で数えますが
満年齢でご祈祷する神社やお寺もありますので
あらかじめ 確認されるとよいでしょう。

上記の赤色の年齢が 大厄といわれる
厄年の中でも 最も大きな厄災があるとされる
年です。

男性42歳、女性33歳が それに
当たります。

黄色が中厄に当たるのですが それも
神社やお寺によって 違う事もあります。
あくまでも 一般的に、という年齢です。

行かれる神社やお寺が決まってる場合は
確認されることを お勧めします。

では 数え年って?という事ですが
日本は 古くは 数え年で年齢を
言ってました。

生まれた年を1歳とし 1月1日に
1つ年をとる という数え方です。

自分の数え年はいくつになるかは
誕生日前なら2歳、誕生日後は1歳
足してください。

つまり あなたの誕生日が仮に
3月3日だったとして 今満年齢が
16歳だとします。

その場合 3月2日までは数え年が
18歳です。3月3日からも18歳です。

女性ならば 前厄 ということですね。

今の 満年齢は 昭和25年に施行されたもので
意外と新しい数え方なんです。

昔は生まれた瞬間から1歳なので
0歳児はいなかったんですね。

そういえば 大厄、中厄ってことは
小厄ってないの?と思われましたよね?

あります。が 1歳、4歳、7歳と
3年周期で訪れます。
これも あくまでも 一般的に、です。

と 考えると 厄って かなり
多いですね。

「厄年」って何?

さて 本題の「厄年」って
いったい なんなんだ?という事
ですが・・・。

肉体的、精神的な変化がある年に
体に支障をきたすことが多いとの事で
特に 気をつけなければいけないという
年齢なんですね。

今は 平均寿命もかなり延びて
80代以上の方も たくさん
お元気でいらっしゃいますが

昔は50歳ぐらいが 平均寿命だったんです。
歴史上の人物も 今と比べれば かなり
早くに お亡くなりになっていますよね。

今の厄年の年齢は 江戸時代中期頃に
民間の間で 根付いていったそうです。

その前はといいますと 平安時代から
江戸時代までは男女 同じ年齢だった
とのことです。

昔の人たちが 自分や周りの方の
経験をふまえて 気をつけなければならない年齢と
考え伝えていったのが 厄年ということですね。

スポンサーリンク

『門戸厄神』で厄除け!

『門戸厄神』は 兵庫県西宮市にあり
高野山真言宗別格本山で正式には
『松泰山東光寺(しょうたいざんとうこうじ)』。

「西国薬師霊場第二十番」「西国愛染十七霊場第二番」
「摂津国八十八箇所第七十六番」で
日本三体厄神のうちの一つです。

あらゆる災厄を 打ち払うとされる
厄神明王が祀られているお寺で
「門戸さん」や「厄神さん」などと呼ばれています。

初詣も かなりの人出ですが
1月18日・19日の 「厄除け大祭」には
数十万人の人出で 大混雑です。

毎月19日は 厄神明王のご縁日で
特に 1月18日・19日は「初厄神」といい
屋台も数多く出て 大賑わいなんです。

特別祈祷も数時間待ちになるのですが
厄年に当たる方は 祈祷してもらいたいですよね。

初詣や厄除け大祭などの イベント事は
避けて 普段の日に落ち着いて祈祷してもらうのも
お勧めです。

普段の「門戸さん」は すごく
清々しい空気が流れていて
本当に気持ちのいい場所ですよ。

スポンサーリンク

『門戸厄神』❝厄除け大祭❞情報!

《日程》

・1月18日 08:00~20:00 柴燈大護摩供 10:00~
・1月19日 08:00~20:00 柴燈大護摩供 14:00~

《アクセス》

・阪急電鉄今津線「門戸厄神」駅徒歩10分

※1月17日、18日、19日は 周辺道路交通規制

《問い合わせ先》

〒662-0828
兵庫県西宮市門戸西町2番26号
(0798)51-0268

スポンサーリンク

 まとめ

いかがでしたか?

厄年って気の持ちようじゃない?というのも
間違いではないと思います。

でも ちょっとでも気になったら
厄除けしてもらって スッキリと
過ごしたいですよね。

そんな時は ぜひ『門戸厄神』に
行ってみてください。

厄除けの祈祷は 毎日10時~16時の間
行われています。

でも 1番大切なのは
毎日の規則正しい生活を
心がける事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント