本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【Destiny】ドラマの全話あらすじとネタバレ感想!ラスト結末まで一挙ご紹介!

ドラマDestinyのアイキャッチ画像テレビ番組

2024年4月にテレビ朝日系でスタートするドラマ【Destiny】

石原さとみさんの3年ぶり復帰作になる、完全オリジナルサスペンスラブストーリーです。

豪華な出演者で話題のドラマで、脚本は『Dr.コトー診療所』シリーズなどを手掛けた吉田紀子さん。

20年の時をかけたサスペンスラブストーリー【Destiny】に、ますます期待が高まりますね。

この記事では、ドラマ【Destiny】の全話あらすじとネタバレや感想を、随時更新していきます。

スポンサーリンク

【Destiny】ドラマの全話あらすじとネタバレ感想!

2024年4月スタート!
テレビ朝日系にて火曜よる9時放送

ドラマ【Destiny】の全話あらすじとネタバレや感想を、放送後に随時追記していきますので、お楽しみにお待ちください♪

【Destiny】あらすじ~イントロ

石原さとみさん演じる主人公・西村奏は「横浜地方検察庁」中央支部の検事。

中学3年の時、検事である父がある事件に巻き込まれ亡くなり、母の故郷である長野で暮らすことになります。

父と同じ検事を目指し、地元の国立大学の法学部に進学した奏は、そこで出逢った4人の仲間と青春を謳歌します。

ある日「私たち友達でいようね、永遠に」という仲間との約束を、一瞬にして打ち砕く死亡事件が起き、仲間は消息不明に・・・。

それから12年、念願の検事になって6年、35歳になった奏の前に「あの」事件から消息不明だった同級生が現れます。

多くの謎に包まれた「あの」事件と再び対峙することによって、見えてきた20年前の父の死、仲間たちの秘密の顔、元カレとの再会。

いろいろな出来事が、一本の線でつながった時に思いもよらない方向へ進んでいく物語の結末は?

かつて封印した過去と対峙し、自分の意思を貫いて進む主人公・奏の姿を描いた、20年の時をかけたサスペンスラブストーリーです。

【Destiny】第1話のあらすじとネタバレ感想

被疑者の取り調べに向かう「横浜地検」中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)は、中学3年生の頃を思い出していました。

朝、学校に向かっていた奏は、胸騒ぎを覚え、急いで家に引き返します。

家につき部屋に飛び込んだ奏が見たのは、「東京地検」特捜部の検事だった父・辻英介(佐々木蔵之介)が、汚職事件に巻き込まれ、疑惑を残したまま、自ら命を断っている姿でした。

検事として正義を貫いてきた父に何が起きたのか?

「真実を知りたい」という一心で、検事を目指す奏は、父が命を落としたあの日以来、母の故郷である長野に移り住み、姓を替えてひっそり暮らしていました。

必死で勉強に励む奏の運命が大きく変わったのは、「信濃大学」法学部に通っていた大学2年生の夏。

期末試験を受けるため準備していた奏に、突然声をかけ、答案を見せるようにお願いしてきた野木真樹(亀梨和也)。

ビックリして、ムリだと言う奏に馴れ馴れしくお願いしまくり、結局カンニングの手助けをしてしまう奏。

後に、「それが、私の犯した初めての犯罪だった」と奏は回想しています。

その後も、何かと奏に絡んでくる真樹と、真樹の友人である森知美(宮澤エマ)、及川カオリ(田中みな実)、梅田祐希(矢本悠馬)と親しくなる奏。

初めてできた仲間達と、充実した日々を送る奏は、心から笑い、青春を謳歌します。

5人で出かけた大自然の中で、父のことなど自分に起きた過去の話しを、初めて打ち明けられた奏。

奏の話しを聞いたカオリが「私たち、友だちでいようね。永遠に。」と言い、ハグし合う5人は友情を実感します。

2年後───。

「信州花火大会」を5人で観るため、真樹の運転する車の助手席に奏が座り、2人で現地に向かっていたのですが、すごい雷雨。

そのため、知美、カオリ、祐希の3人は向かえないとの連絡が入ります。

現地に到着した2人ですが、花火大会も中止になり、「ねぇ、どうする?」という奏に、空を見上げながら「もう少しここにいる?」という真樹。

「なんで?」と不思議がる奏に、「花火の代わり」と答える真樹が見せたものは、満点の美しい星空でした。

父・野木浩一郎(仲村トオル)と折り合いが悪く、今まで心から人を好きになったことがなかった真樹。

心を閉ざして生きてきた奏と、心から人を好きになったことのない真樹の、仲間にも秘密の恋が始まりました。

カオリが真樹に惹かれていることに気づいているけど、気づかないフリをする奏。

とても大切な初めての恋で、真樹を誰にも渡したくないと思うほど、この恋に溺れていく奏でした。

そんなある日、図書館で調べものをしていた知美が、ある記事を見つけてしまいます。

それは、奏の父が巻き込まれた汚職事件に、真樹の父が深く関わっていたこと。

知美は、その事をカオリに言ってしまい、カオリは独自で調べ、奏と真樹に伝えようと、知美に言います。

ですが、それは2人の問題だから、周りがとやかく言うものではない、と言われムキになるカオリ。

そんなカオリに、真樹のことを好きな事は知ってるけど、卒論や受験などで、私だって人生かかってるんだから巻き込まないで、ときつく言ってしまった知美。

その言葉にショックを受け、就活もうまくいかないカオリは、暴走してしまいます。

ある朝、カオリに呼び出された真樹は、部屋にいた奏にコンビニに行くと嘘をついて出かけます。

カオリは厳しい顔で、車に乗ってと真樹を促し、仕方なく乗ってしまう真樹。

山道を走り続けるカオリは、真樹に「奏とは付き合わない方がいい」と言い、「奏のパパは自殺じゃない。殺されたんだよ。」と告げます。

激怒する真樹に「ねぇ、一緒に死なない?死のうよ。」と、車を暴走させます。

必死で止める真樹ですが、泣きながらアクセルをさらに踏み続け・・・。

知美からの連絡で、奏はカオリの事故死を知らされます。

助手席の真樹は生きていて、奏は警察で事情聴取を受けることに。

長い事情聴取が終わり、待っていてくれた知美たちの元にもどる奏。

その時、警察官に出迎えられ、署長の部屋に案内されている真樹の父・浩一郎の姿を目撃します。

夜、奏は真樹の部屋に行ってみますが、真樹の姿はなく、真樹からの連絡はその夜を境に途絶えることになりました。

カオリのお通夜で、知美が言った「もう終わりかもね。私たち。」の言葉とおり、永遠を誓った友情も、楽しかった青春も終わりを迎えます。

3人が外に出ると、そこに真樹の姿が・・・。

真樹は、3人の姿を見ると、慌てて逃げてしまいます。

後を追う奏。

待って!行かないで!と必死で追う奏ですが、通りの信号が赤に変わり、道を挟んで何があったのかを聞きます。

振り向いた真樹は、「ゴメン!俺がカオリを〇〇〇〇!」と言い、姿を消します。
クラクションで聞こえなかった、最後の「〇〇〇〇」。

その時、真樹は何と言ったのか?

また独りぼっちになってしまった奏は、その年、ロースクールの試験に落ちてしまいました。

12年後───。

検事になり、横浜で恋人の医師・奧田貴志(安藤政信)と暮らす奏の元に、カオリの十三回忌法要のお知らせが届く。

お知らせを読んでいると貴志から、患者に容態が悪化したため帰れない、と連絡が入りました。

4日も帰れず売店のお弁当を全制覇したという貴志に、お弁当と着替えを持って行く奏。

そこでケガをし意識もなく、ストレッチャーで運ばれてきた男性とすれ違います。

奏は気づきませんでしたが、その男性は真樹だったのです───。

再び12年前の事件に向き合うことになる奏、そしてそれは、20年前の父・英介の死の謎にも繋がっているようで・・・。

第1話ネタバレ感想

1話から、すごい展開ですよね。

中学生の頃に起きたお父さんの事件、大学時代に起きた永遠の友情を誓いあった友達の事件。

第2話が気になって仕方ないです。

ロケ地になった長野って、とてもステキなところですね。

絶景に感動しちゃいます♪

【Destiny】第2話のあらすじとネタバレ感想

「横浜地検」中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)が担当している違法薬物の売買事件。

被疑者は大物政治家の次男で、世間の注目も浴びていることから、何が何でも起訴に持ち込まなければならない。

ですが、被疑者は逮捕された時、薬物を所持しておらず否認していて、共犯者の供述しか取れていない状況です。

検事になって6年半、「これで裁判がもつと思っているのか!」と、支部長である大畑節子(高畑淳子)に叱責される奏。

「西村奏はできるって聞いてたけど、この程度なわけね」と言われ、悔しさと焦りで帰宅してからも、事件のことで頭がいっぱい。

事件の手がかりを探し、パソコンとにらめっこ状態の奏は、帰宅した恋人の奧田貴志(安藤政信)に、眉間のシワを指摘されちゃいます。

洗面所で眉間のシワを気にしてマッサージしていると、「そろそろ結婚しない?」と突然のプロポーズ。

12年前、カオリの事故死の後、真樹が姿を消してしまい、抜け殻のようになってしまった奏は、ロースクールの受験にも失敗。

生きているのに死んでいるような毎日を送っていた奏は、とうとう倒れてしまいます。

そんな奏を助けてくれたのが、当時大学病院に勤務していた研修医の貴志でした。

その時に貴志が入れてくれた「魔法のお湯」で、生きる気力を取り戻せた奏。

5年後、司法試験に受かり「東京地検」で司法書士として働いていた奏と、医者になった貴志は、公園で偶然出逢います。

付き合い始めたのは、そこからさらに1年後でした。

カオリのお通夜の時、知美は「もう終わりかも。私たち。」と言いましたが、カオリの1周忌、3回忌、7回忌と集まるごとに関係は戻っていきました。

さらに、仲間の中でも特に優秀だった知美は、ロースクールに合格後、あっさり司法試験を諦めました。

理由は妊娠で、なんと祐希と一緒になったんです。

カオリの十三回忌の法要で会うことになっていましたが、奏は急な参考人聴取で遅れることになってしまいます。

参考人聴取の後、急いで駆けつけますが間に合わず、カオリのお墓参りに行く奏。

そこには、缶のクリームソーダがお供えされていました。

その後、久しぶりに大学を訪れた奏は、懐かしい記憶を思い出していました。

カフェで、なぜかいつもクリームソーダを飲んでいた、めんどくさくて勝手で子供みたいなカオリのことを、みんな大好きだったことなど・・・。

そして、あの事件のことに思いを馳せていた頃、運ばれて入院していた病院からいなくなった真樹。

奏は、初めて真樹が声をかけてきた教室で、あの日の真樹のことを思い出していました。

するとドアが開き、入ってきたのは真樹でした。

カオリの事件の後、姿を消していた真樹と、12年という長い月日を経てついに再会した奏。

一気にあの頃に戻される感情や、いまさらどうして、という疑問。

ちゃんと聞けないまま、また真樹はどこかへ行ってしまいました。

担当していた事件は、犯行を裏付ける供述が引き出せ、勝てる裁判になるはずが、参考人が突然証言できないと言ってきます。

そこへ、支部長の大畑節子に電話が入り、どうやら、被疑者の弁護人が変わって、真樹の父・野木浩一郎になったとのこと。

「ヤメ検が潰しにかかってきた」とつぶやく支部長。

テレビで会見する浩一郎の姿に、同じような光景をどこかで見たような記憶の断片が・・・。

結局、被疑者は処分保留で釈放され、不起訴が決定する。

ある日、「横浜地方裁判所」のロビーにいた野木浩一郎に、突然真樹が聞きたいことがあると会いに来る。

聞きたい事とは、20年前の「環境エネルギー汚職事件」で、逮捕寸前に自殺した元「東京地検」の検事だった奏の父・辻英介のことでした。

「お前に話すことはない」と話しをそらす浩一郎に、事実が知りたいだけだと言う真樹。

「誰かに頼まれたのか?くだらない詮索をするのはやめろ。」と、テーブルに大金を掘り投げ去っていく浩一郎。

冷静に話していた真樹でしたが、浩一郎に大金を投げつけ掴みかかり「あんたが殺したんじゃないんですか?辻英介を!」と詰め寄ります。

その光景を偶然見てしまう奏。

封印していた過去が、突然押し寄せてきた───。

第2話ネタバレ感想

とうとう再会を果たし、物語が一気に進んでいきましたね。

奏と真樹が再会したことを知った、知美と祐希の挙動も気になりましたが、それよりも、知美と祐希が結婚して子供もいるってことに驚き!

なかなか早い展開なので、しっかりついていかないとって思いました(^^;

【Destiny】第3話のあらすじとネタバレ感想

真樹と浩一郎が言い争っている光景を見てしまい、その場から逃げるように走り去ってしまう奏。

だけど、その時の真樹の言葉「辻英介を殺したんだろう!」「だから俺がカオリを・・・!」が耳から離れなくなってしまいます。

奏は、父が最後に関わっていた事件について調べ始めました。

奏が子供の頃、「東京地検」特捜部の主任検事だった父・辻英介に、検事という仕事について「自分の正義を貫くこと」と教えられます。

辻英介が最後に担当していた事件が「環境エネルギー汚職事件」でした。

現職国会議員の汚職事件で、主任検事として逮捕に踏み切ったのですが、その後、検察が事件を捏造していたとされていました。

主任検事の辻英介は追い込まれていくのですが、追い込んだのが「正義の弁護士」ともてはやされていた、野木浩一郎だったのです。

そんなある日、野木浩一郎が「横浜地検」中央支部に、奏を訪ねてやってきます。

何かを知っている様子の支部長・大畑節子は、浩一郎と対峙する奏に、「気をつけなさい!お父さんの二の舞にならないように」と忠告しました。

奏はストレートに、疑問に思っていた父のこと、そしてカオリのことを聞きます。

ですが、最終的に「あなたは僕にそれを検事として聞いてるの?それとも、辻英介の娘として?」と聞かれ、「両方です。」と答える奏。

結果、「だったら、少々お粗末だねぇ、検事としては」と、やり込められてしまいました。

支部長の大畑節子に助言をもらった奏は、12年前のカオリの事故についても調べ始めます。

そんな中、恋人の奧田貴志から結婚の報告に、奏の実家である長野に行く日を提案される。

そこに、知らない番号から着信が入るが、真樹かもしれないと思った奏は、電話に出なかった。

その後、今度は知美から着信が入る。

要件は、「あれから真樹から会ったりしてないよね?」ということ。

「会ってはないけど・・・」という奏の返答に、とても気にして食いつく知美に「そんなに気になる?」と聞き返す奏。

結局、電話では話しにくいからということで、会って話すことに・・・。

長野の実家に着いた奏と貴志に、結婚の報告に来たのではないかと、浮かれてはしゃぐ奏の母・西村悠子(石田ひかり)。

そんな母を見て、父のことや真樹のこと、最近の身辺のゴタゴタで、なぜか心が弾まない自分に気付く奏。

そして貴志に、プロポーズの返事をしていないことを告げる。

全く気づいてなかった貴志は、母の前でもう一度プロポーズをし、OKをもらって一安心。

ビールで乾杯しながら、楽しいひと時を過ごす。

その後、英介の荷物を調べていた奏は、父と浩一郎が並んで写っている写真を見つけます。

弁護士・野木浩一郎は、以前は検事で、奏の父・辻英介とは元同僚でした。

いろいろ考えすぎて、テンションの低い奏に、貴志は結婚がイヤならこのままでいいと伝えます。

そうじゃないと言う奏に、「冷蔵庫に入ってるから」と言う貴志。

奏が見に行くと、そこには婚約指輪が冷やされていました。

知美に、婚約したことを報告し、真樹と浩一郎が「横浜地裁」のロビーで言い争っていたことや、調べた結果わかったことなどを話す奏。

真樹に会って聞こうと思うという奏を、止める知美。

そこに、遅くなると言っていた祐希が帰ってきます。

奏を見て、固まってしまう祐希。

なぜなら、祐希は真樹を連れて帰ってきていたから。

激怒する知美を、必死でなだめる祐希ですが、怒りは収まりません。

帰ろうとする真樹に、「奏に近づいちゃダメだからね。奏、結婚するんだから」と言う知美の言葉に、ショックを隠しきれない真樹。

出て行った真樹を、知美の制止も聞かず追いかける奏。

「なんであんな言い方するんだよ。あそこまで言わなくても」と言う祐希の言葉に、「だって全部私が悪いんだもん」と泣き崩れる知美。

追いついた奏は、真樹は何を知ってるのか、と聞きますが、真樹も真実を知りたくて調べていました。

前に着信のあった電話番号は、やはり真樹のもので、「何かわかったら連絡してもいい?」と言われ、いいよと了承する奏。

そのまま、じゃあと別れます。

道路を挟んで歩く二人ですが、「奏!離しちゃダメだぞ!」と声をかける真樹。

そして、懐かしい❝絶対離れない手のつなぎ方❞をしてみせます。

「行ってはダメ。わかっているのに」と思いながらも、駆けだす奏と真樹は、どうしても惹かれ合いキスしてしまうのでした───。

第3話ネタバレ感想

貴志というステキな恋人がいるにもかかわらず、どうしても惹かれ合ってしまうのは仕方ないですね。

貴志にとっては最悪ですが・・・。

そして、どうやら真樹は病気のようで主治医が貴志という、とんでもない展開に、まさに「Destiny」なんでしょうね。

事件の方も、少しずつ新しいことがわかり始め、次の展開が気になるところです。

【Destiny】第4話のあらすじとネタバレ感想

ダメだとわかっていても、惹かれ合いキスしてしまった2人。

「ゴメン、忘れて。」という真樹に「ムリだよ。」という奏。

じゃあ、忘れないで・・・。

翌日、真樹は過去に思いを馳せていた───。

姿を消している間、海外で暮らしていた真樹は、自分が何をしたくて帰ってきたのか、と考えます。

子供のころからいつも居場所がなかった、と振り返る真樹の人生最初の記憶は、3歳の夏の終わり。

真樹の母は、ちょっとここで待っててと言い、そのまま姿を消しました。

あの日から、人を好きになるのが怖くなった真樹。

それからも、父・浩一郎は仕事が忙しく、一緒に過ごすことはほとんどありませんでした。

父の再婚相手にも反発し、教師に反発し学校もさぼりがち、悪いこともまぁまぁする。

でも、なにをやっても、父・浩一郎が事を丸く収めました。

ただ、家を出たい一心で地方の大学を選んだのですが、それが長野の「信濃大学」。

そこで、初めて本気で好きになった奏、祐希、知美、カオリというかけがえのない仲間たちと過ごす日々に、やっと自分の居場所を見つけた真樹。

ですが、カオリの事故死でその居場所もあっけなく消滅してしまいます。

一方、奏は真樹との再会で、心が揺さぶられる日々を送っていました。

貴志との結婚の話も少しずつ進んでいますが、検事に転勤はつきもので、出産や子育てなどで悩み、検事を辞めて弁護士になる選択をする人もいる。

貴志にも「検事を辞めて弁護士になる選択肢はないのか?」と聞かれ、ずっとそれを望んでいたことに気づく奏。

だけど、検事は辞めたくないし、父やカオリの事件など、まだやる事もあると思う奏でした。

そんなある日、仕事を終え帰ろうとした奏の元に真樹が訪れます。

話したいことがあるという真樹に、聞きたいことがあったという奏。

誰にも聞かれる心配がない「横浜地検」の奏の仕事場で、話すことにした2人。

真樹は、買ってきたバニラアイスを渡します。

12年前、カオリに呼び出されコンビニに行くと嘘をついた真樹に、バニラアイスを頼んだ奏。

買ってくるといった真樹は、そのまま姿を消してしまい、約束が守られる事はありませんでした。

あの時の約束が、12年経って守られました。

「あの日のことを話す」───。

12年前、カオリが事故死した時に、カオリが運転していた車のハンドルに、真樹の指紋が何故残っていたのか?

真樹は、あの日のことを話し始めます。

あの日、カオリに呼び出され車に乗った。

その時、カオリに「奏とは付き合わない方がいい。奏のお父さんは自殺じゃなく殺された」と言われた。

そして車を停めさせ、奏の父と自分の父が関わっていた事件のことを聞いていた。

カオリは「環境エネルギー汚職事件」で、真樹のパパは有名になって、奏のパパは自殺したと言う。

「どうゆうこと?」と聞く真樹に、「なんか変なんだよ、この事件。逮捕された政治家は有罪確実だったのに、裁判になった途端に全部ひっくり返って、奏のパパだけが責任を負わされた。」と伝えるカオリ。

カオリは何か疑ってるみたいだったという真樹。

「裁判で、検察の証言や証拠を全部くつがえしたのは真樹のお父さん。奏のパパは裁判に負けて、今度は犯人扱い。それで、死んじゃった。」

「ねぇ、真樹のお父さんって元々検事だったんだよね?奏のパパと同僚だったって知ってた?」と聞くカオリに、知らねぇよと答える真樹。

「2人はライバルだったんだって。」というカオリに、「何?あいつが何かしたって言うの?なぁ、カオリ?」と聞き返す真樹。

言いにくそうにしていたカオリですが、「だって、私真樹のお父さんに会いに行って全部聞いたから!」

・・・親父に会った?勝手に?

頭にカッと血が上った真樹は、カオリを怒鳴りつける。

カオリは「だから!真樹と奏は付き合ったりしたらダメなんだよ!」というカオリ。

さらに、怒鳴られたカオリは突然「ねぇ、一緒にしなない?死のうよ。」と言い、急にものすごいスピードで車を走らせました。

泣きながら「どうして私は、一番欲しいものは手に入らないの!」と言い、真樹の言う事も聞かず暴走します。

危ないと思い、ハンドルをとって必死で停めようとする真樹。

でも、すごい力で停められず、気がついたらカオリがハンドルを切り、岩肌に激突。

これが事故の真相で、カオリが自らハンドルを切り事故を起こしたことがわかりました。

自分が殺したのと同じだと、自分を責めてきた真樹。

あの日の真実を伝えるため、祐希・知美夫妻の家で話し、謝罪する真樹ですが、知美は真樹のせいじゃなく、自分のせいだと言いました。

あの事件のことを、カオリに教えてしまったのは自分だと告白します。

そのせいで暴走してしまい、真樹の父親にまで会いに行ったカオリに呆れて、つい口走ってしまった言葉。

「就職でも頼みに行ったの?」

就活が上手くいかなくて悩んでいたカオリにとって、あまりに酷い言葉でした。

泣きだして走って行ったカオリを、腹が立っていた知美は追いかけもしなかった。

それが最後になってしまい、知美もまた自分をずっと責めて、引きずって生きてきたのでした。

その後、いろんな事を話しながら歩く奏と真樹。

別れ際に、これからもお互い、事件について調べるという約束をしながら、立ち止まって話しているところを、貴志が目撃してしまいます。

ですが、黙って立ち去るのでした。

翌日から、仕事の合間に事件について調べる奏。

事件の関係者に話しを聞こうとしますが、誰一人応じてくれる人はいません。

そんなある日、病院で貴志の診察を受けた真樹は、海外で「胆のう癌」と診断されたことを話します。

貴志の診断も同じようで、真樹は命に関わる病気に侵されていました。

治療を受けるかどうか考えると答える真樹に、貴志が「信濃大出身ですか?」「私も私の婚約者も信濃大出身なんです」「西村奏といいます」と伝えます。

まさかのことに、ビックリする真樹の様子をジッとみる貴志でした。

そして、祐希に接触してきた野木浩一郎の目的は・・・。

さらに、事件の進展がない奏に、支部長の大畑節子が「この人を訪ねてみなさい」と、辻英介のことをよく知る人物を教えてくれます。

連絡を取り、新里龍一(杉本哲太)に会いに行く奏は、事件の真実に近づけるのでしょうか?

第4話ネタバレ感想

アコーディオンボックス内容

カオリの事故の真相がわかり、若さゆえの暴走だったのかなって思いました。

貴志が奏と真樹の姿を目撃しながらも、その場を立ち去り、その後、ちゃんと真樹の診察をする姿に、大人の男性の優しさを感じますね。

奏が自分の婚約者だと、さりげなく伝えるところも、釘を刺した感じでカッコ良きですね。

スポンサーリンク

【Destiny】ドラマのキャスト

ドラマDestinyのキャストの画像

出典元:Destiny公式サイト

西村奏役・・・石原さとみ
野木真樹役・・・亀梨和也
奧田貴志・・・安藤政信
森知美・・・宮澤エマ
梅田祐希・・・矢本悠馬
及川カオリ・・・田中みな実

ドラマ【Destiny】に登場する、豪華キャストの関係性も気になるところです。

さらに、石原さとみさん演じる奏と元カレの野木真樹、今カレの奧田貴志との三角関係も見逃せませんね!

スポンサーリンク

【Destiny】ドラマの全話あらすじとネタバレ感想!まとめ

石原さとみさんの3年ぶりの連続ドラマ復帰作【Destiny】は、2024年4月、火曜よる9時にテレビ朝日系でスタートします。

完全オリジナルのサスペンスラブストーリーで、どんなラストを迎えるのか、毎週楽しみですね。

ドラマの全話あらすじとネタバレ感想を、随時更新していきますのでお楽しみに♡

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント