淡路島『おのころ島神社』!関西でも有名な縁結びの神社でご利益を!

神社仏閣

関西で ❝縁結びの御利益で有名な神社仏閣❞ といえば
かなり たくさんありますが
中でも 最近ランキングに必ず登場してくる神社に

『おのころ島神社』があります。

芸能人がブログで紹介したことでも
かなり有名になりました。

ご夫婦、カップル、そしてお一人様も参拝して
御利益を授かってるとか。

そんな『おのころ島神社』をご紹介します。

スポンサーリンク

『おのころ島神社』の由緒は?ご祭神は?

『おのころ島神社』、漢字では『自凝島神社』と
書きます。

この『自凝島』という御由緒は・・・。

 古事記・日本書紀によれば神代の昔国土創世の時、
二神は天の浮橋にお立ちになり、天の沼矛を持って海原をかき回すに、
その矛より滴る潮がおのずと凝り固まって島となる、これが自凝島である。
二神はこの島に降り立たれ、八尋殿(やひろでん)を建て
先ず淡路島を造り次々と大八洲(おおやしま)を拓かれたと記されています。

(引用:おのころ島神社ホームページより)

ここで書かれている二神とは

伊弉諾命(イザナギノミコト)
伊弉冉命(イザナミノミコト)

『おのころ島神社』の御祭神で
天照大御神の 親神様です。

その二神が 天の浮橋に立って 天の沼矛(あめのぬぼこ)で
海原をかき回し、その矛の先から滴った潮が
ずとり固まりとなった。

だから「おのころ島(自凝島)」と書くんですね。

そして二神は「おのころ島」に立ち
まず 淡路島、その後次々と島を創られ
日本ができたそうです。

「おのころ島」は 日本発祥の地、
二神の御子神がたくさんお産まれになった
神々誕生の聖地といわれています。

男女の区別が初めてできた神様で
それゆえ「愛」というものができました。
なんて ロマンチック(*^^*)

さらに こちらの神社に合祀されているのが
菊理媛命(キクリヒメノミコト)。

伊弉諾命が伊弉冉命を黄泉の国まで追っかけていき
変わり果てた姿に驚き 逃げ帰ってくるが
怒った伊弉冉命が追いかけてくる。

その時に 仲裁に入り 仲を取り持ったという
スーパー縁結びの神様です。

神様さえも 仲直りさせるパワーですから
人間のカップルのケンカぐらい あっさり
仲裁してくれそうですね。

『おのころ島神社』の御利益は
・健康長寿
・良縁堅固
・夫婦和合
・安産塩砂

では『おのころ島神社』を参拝しましょう。

スポンサーリンク

『おのころ島神社』の見どころは?

良縁を結んでいただくために 余す所なく
参拝しなくては!

では 参りましょう!

圧巻の大鳥居

高さ21.7mの美しい朱塗りの
大鳥居。

京都の平安神宮、広島の厳島神社と一緒に
日本三大鳥居の一つに 数えられています。

離れたところからも見えるので
目印になります。
美しい目印ですね。

三鈷(さんこ)の松

大鳥居をくぐって すぐ脇のところに
松の木があります。

松の葉は 通常2つか5つに分かれているのですが
『おのころ島神社』の松葉は3つに
分かれています。

密教法具の一種「三鈷杵」の両端に似ていることから
「三鈷の松」と呼ばれ とても珍しいので
招福の松葉として 縁起物とされています。

鶺鴒石(せきれいいし)

鳥居をくぐって真っすぐ進むと正殿があります。
その手前 右手に 鶺鴒石があります。

伊弉諾命と伊弉冉命は この石にセキレイのつがいが
止まって 夫婦の契りを交わしている姿を見て
夫婦の道を開かれた とのことです。

鶺鴒石は 二神が夫婦の契りを交わされた場所として
縁結びのパワースポットになっています。

赤と白の縄がかけられていて その縄を握って
祈願します。
カップルの場合と 単身の場合で祈願方法が
違います。

鶺鴒石の祈願方法

《カップル二人で祈願》
・男性は赤、女性は白の縄を握ります。
・そのまま 仲良く手をつないで お祈りします。
【カップルの絆がより一層深まる御利益】

《カップルで一人で来られて祈願》
・最初に赤だけを握り、続いて白だけを握り
お祈りします。
【カップルの絆がより一層深まる御利益】

《一人で良縁を祈願》
・最初に白だけを握り、続いて赤だけを握り
お祈りします。
【良縁に恵まれ 運命の人に巡り合える御利益】

いずれも 思いを込めて 真剣にお祈りして下さいね。

正殿に参拝

石の階段を登った正面に 正殿があります。

伊勢神宮と同じ 神明造になっていて
鰹木は 伊勢神宮内宮が十本、外宮が九本、
『おのころ島神社』は八本です。

伊弉諾命と伊弉冉命が 祀られています。

正殿の隣に御神木

正殿の東側に 御神木があります。

肥松で かなり前に枯れてしまったそうですが
大昔から崇敬されていたとのことです。

大きい方がおん松(男)、
小さいほうがめん松(女)。

枯れてもなお 精霊が宿るとのことで
昭和63年に鞘堂を建て 大切に
お祀りされています。

他にも 八百萬神社では 夫婦神の
御子神様を祀られていたり

神社の西側を降りると 産宮神社(お砂所)があり
安産を祈願される妊婦さん方が お参りしています。

絶対持ちたい「お守り」

『おのころ島神社』の「えんむすび守」の御利益は
かなりスゴイ!といわれているんです。

男性が赤、女性が白のお守りを持っていると
願いが叶うと 口コミも大多数。
それも 速攻性があるとのこと。

「えんむすび守」以外にも いろんな種類のお守りが
たくさんあります。

安産・子宝や金運など ほんとに種類がスゴイ。
そして めちゃくちゃ可愛いのもあります。

絶対 手に入れて 幸せゲットです!

スポンサーリンク

『おのころ島神社』まとめ

いかがですか?

由緒の中に出てきた「天の浮橋(あめのうきはし)」も
神社から 西へ約400mの場所にあります。
地上と神々が住んでいる高天原をつないでいる橋です。

ぜひ あなたも神々が住まわれた ロマンたっぷりの
島で すばらしい良縁の御利益をいただいて下さいね。

『おのころ島神社 社務所』
〒656-0426
兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
TEL:0799-42-5320
※お問い合わせは 午前9時~午後5時

 

 

 

コメント