御金神社は京都の金運アップ神社で最強!大人気の福財布や龍神様が宿る御神木

神社仏閣

京都の世界遺産「二条城」のすぐ近くにある御金(みかね)神社。

 

京都の金運アップ神社で最強の御利益があると、テレビなど多数のメディアでも紹介されてとても有名になりま

した。

 

ひと際目を引く黄金の鳥居が、とてつもない金運を引き寄せてくれそうな気がしてなりません。

 

地元では「金神さん(こんじんさん)」と呼ばれ親しまれている、京都の金運アップ神社で最強の御金神社に行っ

てきました。

スポンサーリンク

御金神社ってどんなところ?

この神社の主祭神は、金山毘古神(かなやまひこのみこと)。

配祀神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)・月読神(つくよみのかみ)。

 

金山毘古神は、鉱山・鉱物の神様で日本唯一の金属全般の守護神です。

 

通貨に用いられる金・銀・銅や資産運用、不動産、転宅、方位、厄除け、旅行中の無事安全、宝くじ当選などの

御利益があります。

金ピカの鳥居!

御金神社でまず目に入るのは金ピカに輝く黄金の鳥居です。

 

ビルやマンションが並ぶ一角に金ピカの鳥居が出現するのですぐにわかります。

 

もともとは木製だったそうですが台風で壊れてしまい鉄製の鳥居が建てられ、平成18年4月金箔が施され現在の

金ピカの鳥居になりました。

あっちもこっちも金!

御金神社は本殿屋根瓦にも社紋の金の文字が並びます。

 

本殿の鈴緒も美しく編み込まれた金色で、まさに金づくしですね。

スポンサーリンク

では 参拝しましょう!

それでは金ピカの鳥居をくぐって参拝スタートです。

鳥居をくぐる時は右端か左端で必ず一礼して、右端から入る場合は右足から踏み出してくださいね。

手水舎で手口を清める

まずは手水舎で身を清めるところからですね。

 

こちらの手水舎では❝銭洗い❞ができますが、まずは本殿で参拝してからです。

1.右手で柄杓にたっぷり水を汲んでください。

2.まず左手に水を少しかけます。

3.柄杓を左手に持ちかえて右手にかけて清めます。

4.右手に持ちかえて左手に水をため、口に含み吐き出します。

5.柄杓を立てて柄の部分に水が流れるようにして柄杓を清めます。

以上が一般的な手水舎での清め方です。

 

最近何度か見かけたので気になっていたのですが、何度も汲みなおしている方がいらっしゃいますが、それでは

清められません。

一度だけ柄杓に汲んだ水で清める事が大事です。

本殿でお参り

本殿でお賽銭をそろっと入れたら、金ピカの鈴緒を揺らします。

御金神社は夜に参拝される方もいらっしゃるので、近隣の方にご迷惑がかからないように鈴緒を揺らしても音が

鳴らないようになっています。

 

二礼二拍手一礼でお参りです。

 

しっかりお参りしたら次に行ってみましょう。

 

本殿の右奥に末社があります。

神社に深く貢献された方がお祀りされているそうです。

 

こちらの末社もきちんと参拝してください。

御利益がさらに上がるそうですよ。

お金を清めましょう

手水舎で銭洗いができます。

籠(ザル)が置いてありますので、そこに財布の中のお金を入れて柄杓で水をかけます。

 

そのお金を財布に入れておくと何倍にも増えるそうです。

 

私がせっせと小銭を入れて洗おうとしていたら、少し年配の紳士とマダムが現れ籠に1万円札をずらっと並べて

お水をかけました。

 

なんとも羨ましい光景でしたが、お札にかける場合は全体にかけなくても端の方にかけるだけで清められるそう

です。

気持ち的には全体にかけて清め、何倍にも増える事をひたすら願いたいですけどね♪

 

「それ、何倍にも増やすんですね。」と紳士とマダムのお金を横目で見ながら、自分の小銭たちに祈りを込めま

した。

 

「お願いだから、何百倍に増えてね~!」

スポンサーリンク

龍神様が宿る御神木

本殿の奥に大きなイチョウの木があります。

『御金神社』の御神木で樹齢約200年だそうです。

 

こちらの御神木、夫婦の龍神様が宿っているそうです。

枝が龍の形をしているとのことで、それも2本も。

 

私が参拝した時に何人もの方が写真を撮っていました。

なんでも待ち受けにしていると金運が上がるとか。

 

隣の2人連れの女子が言ってるのを小耳にはさんだので、さっそく撮影して待ち受けにしました。

 

こちらの御神木、紅葉シーズンに行かれると見事な黄金色に色づいています。

御神木のイチョウの葉を財布に入れて持ち歩くととても御利益があるそうです。

落ち葉を集めて置いてくれてますので無料で持ち帰れるので、ぜひ紅葉シーズンに行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

大人気の福財布

売り切れで購入できない事もあるという大人気の「福財布」!

 

金運アップが祈祷されているそうで、表面には❝福❞という文字と縁起のよいイラストが書かれています。

 

二つ折りになっていて中には金箔で金の型押しが施されていて色はオレンジに近い黄色です。

 

宝くじやお金を入れたり馬券をいれる方もいらっしゃいます。

チャックなどはないので持ち歩きするより、家で大切に保管しておいた方がいいです。

 

神棚があれば神棚、なければ目線よりも高い位置に置くようにしましょう。

 

効果は1年。

1年経ったら納札箱にお返しします。

 

御金神社は24時間参拝可能です。

ですが「福財布」と「御朱印」だけは10時~18時と時間が決まっています。

社務所が開いてる時間です。

 

インターホンを鳴らしていただいて下さいね。

おたから小判

私もしっかり授与してただいた❝おたから小判❞。

財布に入れて持ち歩いています。

こちらの御守もかなり人気があるのですが、たくさんあったので売り切れる心配はなさそうです。

 

他にもたくさんのお守りがあります。

 

無人の授与所で授かれるのですが、気をつけたいのが小銭の用意です。

私も欲しいお守りが他にもあったのですが、小銭を切らしたため授かれませんでした。

お釣りをもらう事ができないので、多めに用意していかれるのがいいと思います。

絵馬

御神木のイチョウの葉の形の絵馬がたくさんかけられています。

 

金運アップのお願いや宝くじ当選の祈願などが多いようですね。

中には高額当選した方のお礼の絵馬などもありました。

御金神社に訪れた際は、ぜひとも絵馬を書いてみてくださいね。

御朱印

御朱印には金色の印が押されていてすごくきれいです。

ここでもやはり❝金❞ですね(社紋ですから当然かも・・・)。

 

社務所でいただけますので、10時~18時の間にインターホンを鳴らして授かって下さい。

御金神社まとめ

小さな神社ですが金運アップの御利益は絶大ということで、多くの参拝客が訪れています。

大人気の福財布は平日だと手に入りやすいです。

 

もし時間が許すようであれば、夜の御金神社にも参拝してみてください。

昼とは違って暗い中に黄金の鳥居が美しいですよ。

参拝客もけっこういますし、街中の神社なので不思議と怖さもないですしね。

 アクセス

🚋電車の場合🚋
・京都市営地下鉄東西線 「二条城前」駅 徒歩約5分
・京都市営地下鉄烏丸線 「烏丸御池」駅 徒歩約8分

🚌市バスの場合🚌
・京都市営バス 「堀川御池」徒歩5分

🚗車の場合🚗
・名神高速道路 京都南ICから約30分
(御金神社には駐車場はありません)

 

『御金神社』
〒604-0042
京都府京都市中京区押西洞院町 通御池上ル押西洞院町614 西洞院通り
TEL:075-222-2062

参拝時間:24時間(社務所10時~18時)
参拝料:無料

コメント