下鴨神社で初詣!混雑状況や初詣情報、アクセス方法は?

神社仏閣

京都にはたくさんの寺社仏閣があり、初詣に行くにもどこに行こうか迷ってしまいますよね。

 

有名な神社やお寺にはやはり100万人を超える参拝客で大混雑です。

できれば少し落ち着いて参拝できたら・・・、と思われるなら『下鴨神社』はいかかがでしょうか?

 

有名な神社ではありますが参拝客は約20万人と比較的落ち着いて参拝できる『下鴨神社』をご紹介しますね。

スポンサーリンク

『下鴨神社』ってどんなとこ?

京都市左京区にある『下鴨神社』。

正式名称は『賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)』といいます。

 

紀元前658年には「日本書紀」に、ご祭神賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)の氏族の名前があるとのこと。

もうお一方のご祭神は玉依媛命(たまよりひめのみこと)です。

 

とてもとても歴史のある神社ですね。

世界遺産なのもうなづけます。

 

雅で古趣にとんだ平安貴族の大行列「葵祭」は『下鴨神社』の例大祭です。

末社もすごい!

鮮やかな朱色の鳥居をくぐり桜門を目指して歩いていくと左手に末社の「相生社」があります。

 

こちらの「相生社」、ご祭神は神皇産豊神(かみむすびのかみ)で御利益は縁結びです。

 

お社の側に「連理の賢木」という不思議な木がありまして2本の木が途中で1本につながっています。

 

現在4代目だそうで今までの賢木もすべて2本の木が1本につながっていたそうです。

 

こちらの「相生社」、参拝方法がありましてご紹介しますね。

 

①縁結びの絵馬に願い事を書く

②絵馬の紅白の糸を「良縁を招きますように」と願いを込めて結ぶ

③絵馬を持って「相生社」の正面に立つ

④「連理の賢木」の周りを女性は右回り男性は左回りに願い事を唱えながら2周回る

⑤3周目に後ろの絵馬掛けに 絵馬を奉納する

⑥「相生社」の前に戻って 二礼二拍手一礼

⑦「連理の賢木」の正面から 御生曳き(みあれびき)の綱を2回引いて完了

 

実は私、お参りしたことあるんですが、ちょっと恥ずかしかったです。(笑)

けっこう見られてるんですよね。

ですが、多くの方がお参りされてますのでぜひご祈願されてください。

 

私はありがたいことに、願い叶って良縁に恵まれましたよ!

糺の森は最高です!

「相生社」が入り口になるように「糺の森」があります。

 

ここがなんともいえずステキな空間なんです。

 

かなり広いのですが、神聖な空気が流れています。

『下鴨神社』がパワースポットといわれてるのはこの森があるからだと思います。

 

とっても癒されてなんというか、浄化されるような不思議な感覚がありました。

ここは絶対外せませんよ!

いよいよ本殿へ

桜門をくぐって本殿に向かいます。

自分の干支ごとに参拝します。

 

あまり広い空間ではないのでここで初めて混雑に遭遇します。

そこまですごい混雑ではないですが、自分の干支を探すのに少しワチャワチャする感じです。

 

参拝を済ませたら「みたらし団子」発祥の地といわれる御手洗社の御手洗池や「君が代」のさざれ石などを見て

回ってもいいですね。

 

女性は河合神社も外せません。

美麗を守る神様がいらっしゃいます。

来世でも構わないので美人になれますように!とお祈りしました。

 

見どころたくさんの『下鴨神社』です。

スポンサーリンク

『下鴨神社』の初詣情報

 参拝時間

・1月1日 0:00~20:00

・1月2日、3日、4日 6:30~19:00

・1月5日以降 6:30~17:00

※4日は 「蹴鞠はじめ」でかなりの混雑が予想されます。

13:30頃から神事が始まり、14:00頃から蹴鞠が始まります。

 アクセス

<公共交通機関をご利用の場合>

・市バス 京都駅で4番、205番「下鴨神社前」下車
・京阪電車 比叡電車 『出町柳駅』徒歩10分

<お車をご利用の場合>
・京都東IC→三条通りを道なりに進み河原町通り→三条河原町通り交差点を右折し直進→葵橋を渡り終えた信号

から4つ目の信号を右折

・京都南IC→国道1号線北向きに堀川まで→堀川五条を右折して河原町まで→河原町五条を左折→葵橋を渡り終

えた信号から4つ目の信号を右折

※駐車場はかなりの台数ががありますがそれでも満車が続くので待ち時間は覚悟です。

初詣期間中は1時間500円以降30分200円です。

スポンサーリンク

屋台は?営業時間は?

賑やかな屋台がずらっと並んでいてお祭り気分も味わえます。

 

めずらしいのが「みたらし団子」。

さすが発祥の地といわれるだけあります。

 

営業時間はほとんどの店舗が参拝時間と同じです。

 

ついつい食べ過ぎていつもおなかがいっぱいで帰路についてます。

スポンサーリンク

『下鴨神社』で初詣!まとめ

いかがでしたか?

 

あっ!そうそう。お守りも かわいいんですよ~。

 

特に相生社の「媛守り(ひめまもり)」。

ちりめん生地で柄もそれぞれ違うんです。

 

他にも本当にいろんな種類があってすごく迷ってしまうんですよね。

それも楽しいんですが・・・。

 

世界遺産の『下鴨神社』。

ぜひ参拝してみてくださいね。

コメント