鞍馬寺の初詣2020!混雑を避ける時間や期間を社務所の方に聞きました

神社仏閣

京都最強パワースポットと名高い鞍馬山に鎮座する鞍馬寺。

初詣でそのパワーをいただきステキな新年を迎えたいものです。

 

ただ京都の神社仏閣に初詣となると、大混雑が気になるところです。

できれば混雑の時間を避けてゆっくりお参りできたらと思いますよね。

そもそも初詣の期間はいつまでなのか?混雑している期間を避けるのもありかも?

 

この記事では、鞍馬寺に初詣に行ってみようと思われている方に、社務所の方に聞いてきた混雑を避ける時間や

初詣の期間などをお伝えします。

スポンサーリンク

鞍馬寺の初詣の時間や期間

鞍馬寺の初詣基本情報

日程・時間●1月1日(元旦・水) 0時~17時

●1月2日(木)・3日(金) 8時30分~17時

●1月4日(土)~ 9時~16時30分

料金300円(高校生以上)
問い合わせ075-741-2003

鞍馬寺の初詣期間は?

初詣の期間は特に決まりはないようです。

 

一般的には門松を立てておく期間、「松の内」の間に行くのがいいとされています。

「松の内」も関東から北の地域では7日まで、西日本は15日の小正月までと地域によって違います。

ご家庭によっては西日本でも7日までの場合もあるでしょう。

 

鞍馬寺は元旦から1月15日までの参拝を「しめのうち詣でと呼んでいます。

社務所の方に聞いてみたところ、「しめのうち詣では初詣のことです」と言われてました。

 

「しめのうち(標の内)」とは、門松を立てておく・しめ縄をつけておく期間の事です。

社務所の方は「初詣の期間というなら、しめのうち詣での間でしょうね」と言ってたので、

鞍馬寺の初詣期間は1月1日~15日の間がいいようです。

鞍馬寺で除夜の鐘が撞ける時間

鞍馬寺では誰でも予約なしで除夜の鐘を撞くことができます。

先着順で人数制限もありませんし、無料です。

 

12月31日23時30分頃から本堂でお参りして鐘楼へ移動。

23時45分頃から順番に撞いていきます。

 

自分で撞く除夜の鐘って素敵ですよね。

スポンサーリンク

鞍馬寺の初詣の混雑状況

有名な鞍馬寺の初詣だと、やっぱり大混雑するんでしょうか?

例年の混雑状況

とっても有名な鞍馬寺ですが、実はあまり混雑しないんです。

 

例年の混雑状況はというと、元旦の午前中の人出は少ないですね。

午後になるとさすがに人出は増えますが、テレビなどで映し出される京都の神社仏閣での初詣の大混雑のような

事はありません。

混雑を避ける時間帯

元旦の午後は、やはり人出が増えてきます。

 

特に自家用車で来られる場合は、午前中に参拝される事をお勧めします。

鞍馬寺には専用駐車場がなく、山門近くの有料駐車場に停めることになります。

台数もそんなに多くないので、停められなくなるんです。

 

社務所の方も「大混雑というほどにはならないけど、午前中に来られる方がゆっくりお参りできますね」と

言われてました。

 

まさに穴場!

京都の最強パワースポットと名高い鞍馬山をゆっくり散策しながら鞍馬寺で初詣ができますよ。

スポンサーリンク

鞍馬寺の初寅大祭

初詣(しめのうち詣で)の期間中に「初寅大祭」が行われます。

初寅大祭とは?いつ?

ご本尊の一尊である毘沙門天が鞍馬山に出現したのが寅の月、寅の日、寅の刻であったことにちなんで、

新年初めての寅の日に毘沙門天にお参りすると無量の大福を授かるといわれています。

 

限定の初寅のお札を授かることができるそうで、他にも1月いっぱいは授与される「あうんの虎」や「お宝札」

を求める参拝者が多く訪れます。

 

社務所の方によりますと「限定のお札といっても慌てる事ないですよ。去年も100~200ぐらいあったし」と

数量がザックリの説明を受けました。(笑)

朝早くから並ばなくても大丈夫と言ってましたが・・・。

 

2020年は1月12日(日)だそうで、3連休中日だからちょっと混雑しそうですね。

鞍馬寺は阿吽の狛犬ではなく、阿吽の虎なんです。

カッコいいんですよ♪

スポンサーリンク

まとめ

鞍馬寺の初詣の混雑を避ける時間や期間をお伝えしました。

 

●鞍馬寺の初詣期間は1月15日までが望ましい

●鞍馬寺の初詣は例年あまり混雑しない

●鞍馬寺の初詣の混雑を避ける時間は午前中(全時間帯あまり混雑はないが午後は少し人出が増える)

●鞍馬寺の初詣期間中に行われる初寅大祭も例年はそこまで混雑はしない

※2020年は3連休中日なので混雑する可能性がある

 

鞍馬寺の初詣では屋台は一切出ません

それも、あまり混雑しない理由かもしれませんが、人混みは避けて初詣に行きたい方には最高の穴場だと思いま

す。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

《鞍馬寺》

〒601-1111 京都市左京区鞍馬本町1074番地

鞍馬弘教総本山鞍馬寺

(075)741-2003

コメント