三船美佳の再婚報告での作り笑いに批判続出!ここまで嫌われる理由とは?

エンタメ

再婚を発表した三船美佳(36)が、都内でペットボトル飲料「霧島天然水のむシリカ」の発表会に出席しました。

報道陣からの質問に幸せオーラ全開で話していましたが、ネットの声は厳しいものでした。

 

満面の笑顔でしたが、どうしても作り笑いに見えてしまう。

再婚というおめでたい話題なのに、ネット上では辛辣な声が並びます。

どうしてこんなに嫌われてしまうのか、調べてみました。

スポンサーリンク

三船美佳の再婚報告

画像引用:日刊スポーツ

三船美佳の再婚相手は、大阪市内で美容室経営をしているイケメン美容師(39)です。

 

再婚相手のこと、娘さんのことなどいろいろ話していました。

この再婚に関しても、元夫高橋ジョージさんとのモラハラ離婚や三船の母親の件で良く思ってない方が多く

見受けられます。

 

「最初から優しい印象でした。私的にはゴールデンレトリバーに似ている、優しい大きなワンちゃんみたい」

引用元:日刊スポーツ

ワンちゃん系のイケメン・・・、優しいを2回も繰り返しているところからみると、とっても優しいダンナ様な

んでしょう。

 

初めから結婚前提で交際を申し込まれたそうでそれがプロポーズだったと言ってました。

ですが、娘さんが一役買ってくれたそうです。

 

「娘が『ちゃんと(プロポーズ)したほうがいいよ』と言ったみたいです」

引用元:日刊スポーツ

 

この言葉にお相手の男性が淡路島のビーチでプロポーズ。

娘さんの目の前だったとのことです。

 

「夢に描いていた、映画に出てくるようなプロポーズでした」と幸せそうに話してましたね。

娘さんからのサプライズだったそうで演出をしてくれた上、三船にメイクをして記念撮影までしてくれたと。

 

子供についても「娘が早く、弟か妹が欲しいと言っているので」と、近々報告がありそうですね。

 

ですが、いちいち娘さんを全面的に前に出していて、あまりいい気分がしないのは筆者だけでしょうか?

父親の高橋ジョージさんは娘さんに会える事を懇願しているのに、三船は絶対会わせません。

まだ14歳の娘さんが、こんなに母親にとって都合よくいい子にしているのはなぜでしょう?

 

まだ14歳・・・。

実の父親に会えなくて、母親しか頼れないからいい子を演じないと生きていけないと思ってるからでしょうか。

それこそ「絵にかいたような素晴らしくよくできた娘さん」ですね。

スポンサーリンク

元夫高橋ジョージさんの祝福?

元夫高橋ジョージさんさんも祝福コメントをしていますが、こちらにも違和感が・・・。

これだけならよかったのですが・・・。

https://twitter.com/THETRABRYU1/status/1114410186079232002

元嫁の再婚相手に娘と会わせてもらえるように後押ししてもらう?

なんだか少しズレているような気がするのですが。

 

娘さんと会いたい気持ちはわかりますが、何かが違うと思ってしまうコメントです。

とってもいい写真なんですけどね。

スポンサーリンク

三船美佳が嫌われる理由?

再婚したというのに、こんなに批判される方も珍しいと思うのです。

 

祝福の言葉よりも三船美佳はくずというワードが強く出てくるのは、やはり離婚の仕方や母親の件があるからな

のかもしれませんが、それだけではないようです。

 

もっとも多い、いえほとんどの方が言っている嫌いな理由。

作り笑いです!

 

たしかに目が笑ってないように見えるし、取ってつけたような満面の笑顔ですね。

✩.*˚あっちゃん✩.*˚(@appyon114)さん | Twitter
✩.*˚あっちゃん✩.*˚ (@appyon114)さんの最新ツイート。2016/01/13☆たぷおのお手手と、あたしのお手手重なり記念。 お笑いも大好きですよ?生粋の関西人。やすとも姉さんリスペクト。

どうしてこんな笑顔になってしまうんでしょう。

笑いたくないけど笑わないといけない、と何か心に抱えていることがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

三船美佳の作り笑いに批判続出!まとめ

 

本来ならば、再婚報告に祝福のコメントがたくさん寄せられるはずが批判続出になってしまう三船美佳。

再婚相手のイケメン美容師はどう思っているのでしょうか?

 

批判の原因は・・・。

●元夫高橋ジョージとの疑惑のモラハラ離婚

●娘さんと元夫を絶対に会わせない

●恐怖を覚える作り笑い

ネットで批判されているのは、こういったところでした。

いつの日か、祝福されるといいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

トップ画像引用:Twitter

コメント