菅田将暉「3年A組」撮影終了!アドリブもあった胸に刻むべき柊一颯先生の言葉

芸能

3月10日に最終回を迎える「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」(日本テレビ系)。

 

心に響く主人公・柊一颯の言葉に涙した方も多かったことでしょう。

 

当たり前の事・・・、改めて見つめなおす機会を与えてくれたこの番組もいよいよ最終回です。

 

スポンサーリンク

『全てを出しきった』菅田将暉

最後の収録を終えた菅田将暉は『全てを出しきった』と言っています。

引用:ザ・テレビジョン

「この作品が遺作となっても、なんの悔いもありません。そのくらいの気持ちです。今持っているもの全てを出しきりました。そして、全てを受け取ってもらいました。本当にハッピーです。こんな素晴らしい花束をもらって、こんなにうれしいクランクアップはありません。本当にお世話になりました」

引用:ザ・テレビジョン

最後の撮影は魁皇高校の屋上につながる階段の踊り場のシーンだったそうで、椎名桔平演じる刑事・郡司真人との熱いバトルが繰り広げられたとのことです。

 

あの初回冒頭の柊先生が背面ダイブするシーンにつながるのでしょうか?

 

気になって仕方ありません。

スポンサーリンク

柊一颯の名セリフに菅田将暉のアドリブ

なんと、あの涙した名セリフには菅田将暉のアドリブが含まれていたらしいです。

「恥を繰り返して強くなるんだよ」「っていうか恥もかかずに強くなれると思うな!」

最初のセリフが台本で、っていうか~がアドリブだというんです。

 

筆者はこのセリフにかなりグッとくるものがあったんですが、まさかアドリブだったとは!

 

菅田将暉に拍手です。

スポンサーリンク

生徒たちの最後の収録でのサプライズ

引用:ザ・テレビジョン

永野芽郁を除いた3年A組の生徒たちの最後の収録はがれきだらけの廊下でのシーンだったそうです。

 

撮影を終えて教室に戻ってきた生徒たちの前に、午前中に収録を終えていた菅田将暉がサプライズで登場して花束を渡された生徒たちは涙、涙のクランクアップでした。

 

そして菅田将暉から感謝の気持ちが述べられたそうですが「僕の生徒でいてくれて、そして僕を教師にしてくれて、本当にありがとうございました」との言葉だったそうです。

引用:ザ・テレビジョン

後日、生徒たちの中で最後に一人クランクアップを迎えた永野芽郁は「『当たり前の事』を改めて見直すきっかけをいただきました。」と涙ながらにあいさつしたとのことです。

スポンサーリンク

柊一颯先生の言葉を胸に刻もう

「グッ、クルッ、パッ」
この言葉はいつも胸に刻むべき言葉だと思いました。

 

大事な決断をするときはグッと踏みとどまって、クルッと頭を一周させればパッと正しい答えが浮かぶ。

 

これからもいろんな場面に出くわしていろんな思いをすることがあっても、この言葉を忘れなければ正しい答えにたどり着けるでしょう。

 

「上辺だけで物事を見るな。本質から目を背けるな。」

たしかに上辺だけを見る癖がついてしまってるのかもしれないと、反省させられる言葉でした。

 

そして、第9話で自分の手にナイフを突き刺し語った言葉では、当たり前の事に気がつく暇もないくらいに今の社会が忙しく回り続けている、と言っていました。

 

「ナイフを刺せば血が出る。痛みも伴う。場合によっては命も奪える。当たり前のことだ。」

こんな当たり前の事に気がつかなくなってしまった社会に、するどい苦言を呈しました。

まとめ

引用:ザ・テレビジョン

柊一颯先生の名言が次々に出てきて、とても考えさせられるドラマでした。

 

今の若者だけではなく、大人たちも今一度見つめなおさないとダメですね。

 

最終回はどうなってしまうのでしょう?

どんな言葉が飛び出すのでしょう?

 

きっと、また胸に刻むべき名言が聞けるんでしょうね。

最終回が楽しみで寂しいです。

 

『Let’s think!』

 

コメント