日本の代表的な祭り2019!!~北海道・東北編~

お祭り

日本の代表的な祭りには、素晴らしいくてステキなお祭りがたくさんありますよね。

華やかなお祭り、雅なお祭り・・・。

そして!豪快なお祭り!

 

北海道・東北地方には、そんな美しくも豪快なお祭りがたくさんあるんです。

この記事では、その中でも日本の代表的な祭りをご紹介します。

スポンサーリンク

北海道のお祭り

さっぽろ雪まつり

大通会場開催期間2019年2月4日~11日
開催場所大通公園 西1丁目~西12丁目
開催時間いつでもご覧いただけます(ライトアップは22:00まで)
すすきの会場開催期間2019年2月4日~11日
開催場所南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
開催時間いつでもご覧いただけます(ライトアップは23:00まで。※最終日は22:00まで)
つどーむ会場開催期間2019年1月31日~2月11日
開催場所札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ) 札幌市東区栄町885番地1
開催時間9:00~17:00

国内外から200万人以上が訪れるビッグイベントとなった「さっぽろ雪まつり」。

 

大通公園では、約1.5㎞に渡り大小さまざまな雪氷像が並び日没から22時まではライトアップされます。

 

すすきの会場でも、氷彫刻のコンクールがあったり氷像が美しくライトアップがされたりするんです。

氷像に触ったり乗ったりできるふれあい広場やイルミネーションロード、アイスバーなどがあります。

 

つどーむ会場は、北海道の大自然の中滑り台やスノーラフトで大人も子供も楽しめる会場。

施設内には屋内の飲食ブースや休憩所、子供たちが楽しく遊べるアトラクションなどもあります。

 

雪像や氷像の幻想的な美しさに酔いしれたり、大自然で思いっきり遊んだりと魅力タップリのお祭りです。

YOSAKOIソーラン祭り

開催期間:2019年6月5日(水)~9日(日)

 

高知県の「よさこい祭り」と北海道の「ソーラン節」をミックスして、1992年に誕生した「YOSAKOIソー

ラン祭り」。

チームでオリジナルの演舞で大通公園を中心に市内各地を盛り上げます。

 

基本ルールがあるそうで、❝手に鳴子を持って踊ること❞❝曲にソーラン節のフレーズを入れること❞だそうで、

それ以外は衣装も踊りも曲もチームの自由なんだそうです。

 

比較的歴史の浅いお祭りですが、約270の参加チーム約27000人に観客約200万人が集まるビッグイベントで

す。

 

観客が「鳴子」を貸し出してもらい、踊り子と一緒に踊ったりとテンションは上がりっぱなし!

北海道内・外のおいしい物が食べられるフードパークなどもあり、グルメでも盛り上がりますね。

スポンサーリンク

東北のお祭り

東北絆まつり

開催期間:2019年6月1日(土)・2日(日) 10:00~18:00(2日は17:00)

パレード開催時間:6月1日(土) 14:30~17:00・2日(日) 12:30~15:00

パレード会場:旭町交差点―<国道4号>―仲間町交差点―<腰浜町町庭坂線>―福島文化学園前

メイン会場:福島市役所西側駐車場

サブ会場:JRA福島競馬場、福島大学附属小学校、福島第二小学校、新浜公園

 

東日本大震災からの鎮魂と復興を願い、2011年から2016年まで東北6県で順番に開催された「東北六魂

祭」。

2017年から新たに「東北絆まつり」として、東北を代表する6つの祭りがひとつになりパレードを繰り広げ

ます。

 

2019年は福島で開催。

パレードは、❝福島わらじまつり❞❝仙台七夕まつり❞❝山形花笠まつり❞❝盛岡さんさ踊り❞❝秋田竿燈まつり❞❝青森

ねぶた祭り❞が練り歩きます。

 

1度で6つのお祭りを楽しめるってすごい感動ですよね。

青森ねぶた祭

東北三大祭りの1つ「青森ねぶた祭り」。

まさに日本の代表的な祭り!と言える、本当に有名なお祭りで、国内外から約300万人の観光客が訪れ「ラッ

セラー!ラッセラー!」と大盛り上がりです。

 

ねぶた祭では「ねぶた」と呼ばれる山車が市街地を練り歩き、ハネトと呼ばれる踊り子たちが踊り歩くのです

が、誰でもハネトに参加できます。

 

ハネト衣装(正装)を着て、運行前の待機しているねぶたの団体に入ればいいだけです。

団体に所属していなくても、事前予約や登録手続きも何もいりません。

衣装は購入したら約1万円ぐらい、レンタル・着付けなどは約4000円ぐらいだそうです。

 

毎年8月2日~7日に開催されていて、2日と3日は子どもねぶた・大型ねぶたが運行します。

4日~6日は大型ねぶたが約20台運行予定で、6日はねぶた大賞など受賞したねぶたが見れるんです。

 

2日~6日の運行時間は19:10~21:00、7日は13:00~15:00です。

 

そして7日の19:15~21:00頃 、受賞した6台のねぶたが青森港を運行する海上運行があり、さらに青森花火

大会が開催され、約1万1000発の花火が打ちあがります。

美しいねぶたと花火のコラボは圧巻です。

秋田竿燈まつり

東北三大祭りの一つに数えられる「秋田竿燈(かんとう)まつり」。

毎年8月3日~6日に行われ約270年の歴史をもち、国重要無形民俗文化財に指定されています。

 

真夏の病魔や邪気を払うねぶり流しというのが原型で、7月7日の七夕と陰暦7月15日のお盆を迎えるための行事

であり、厄よけや五穀豊穣を願う行事だそうです。

 

夜本番(竿燈大通り)

8月3日~6日===18:50竿燈入場ー19:25~20:35竿燈演技

※8月6日、18:40~19:05竿燈市民パレード

昼竿燈(妙技会・エリアなかいちにぎわい広場)

8月4日・5日===9:00~15:40

8月6日======9:20~15:00

 

稲穂に見立てた280本もの灯りをともした竿燈を「ドッコイショー!ドッコイショー!」の掛け声とともに

額・肩・腰・手のひらなどにのせる職人芸が見られる「夜本番」。

職人芸の妙技を競うのが「昼竿燈」。

 

差し手の方の見事な職人芸に、竿燈囃子の笛・太鼓の競演をお見逃しなきよう!

仙台七夕まつり

東北三大祭りの一つに数えられる「仙台七夕まつり」。

伊達政宗公の時代から続いている伝統あるお祭りです。

 

毎年8月6日~8日に開催されており、200万人を超える観光客が、仙台駅前から中央通り一番町通りのアーケ

ード街にかけて豪華絢爛な手作りの七夕飾りを愛でながらお祭りを楽しんでいます。

また周辺の地域商店街の前には昔ながらの素朴な笹飾りが飾られています。

 

今年の飾りはどんなのか?

当日までわからないのでドキドキワクワクです。

 

開催前日には「仙台七夕花火祭」も開催され約16000発の花火が夜空を彩ります。

 

本当に【豪華絢爛】とはこの事だというお祭りです。

いろんなお願い事も叶っちゃいそうですね☆

スポンサーリンク

まとめ

どのお祭りも、日本の代表的な祭りです。

屋台でおいしい物食べたり踊ったり感動で涙したり。

ほとんどが美しさや妙技・踊りを競い合ったり、一般の方の参加型というお祭りなのが特徴ですね。

最高のお祭りに参加してみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント